pelebongの気ままな雑ブログ

将来はゲストハウス運営をしたいという密かな夢を抱いているpelebongの日常を投稿していきます。

【3回目の手入れ】ブライドルレザー 長財布

f:id:pelebong:20180930214937j:image

今年の7月に購入後、月1回のペースで専用オイルを塗りこんでいますが、3回目の手入れ(オイルの塗り込み)をしました。

 

 

【購入直後 2018.7.1】
f:id:pelebong:20180930214941j:image

【1回目の手入れ後 2018.7.19】
f:id:pelebong:20180930214954j:image

【2回目の手入れ後 2018.8.19】
f:id:pelebong:20180930214946j:image

【3回目の手入れ後 2018.9.30】
f:id:pelebong:20180930214949j:image

 

 

少しキズが目立つようになってますね〜

それは使っていたら仕方ないですけど、キズも味の一つと考えるようにしています。

色味の変化はあまりなさそう?ですが、少しずつ深みが出てきているようにも見えます。

 

 

経年変化を綺麗に進めるためにも定期的なオイルの塗り込みは大切なので、今後も定期的に行いたいと思います。

 

 

by pelebong

【準初心者注目!】2回目の台湾旅行〜4日目〜

f:id:pelebong:20180930122102j:image

4日目(8/14)

 

さて8/15の夜中便で帰国したため、実質の台湾旅行最終日です。

ホテルは2日連続でNorth Gate citizenM Taipeiに泊まりました。

 

まずは朝食から。

 

 

Sunny Cafe @北門駅

f:id:pelebong:20180930122129j:image

f:id:pelebong:20180930122751j:image

Sunny Cafe (中正区) の口コミ17件 - トリップアドバイザー

 

ホテルからも近く(徒歩1分ほど)、内装もお洒落だったため、ホテル初日から気になっていたので、こちらで朝食を頂きました。

写真は撮りわすれましたが、トーストに目玉焼き、コーヒーなど洋風朝食を好む方にはいいところです。ナイスなお店です!

 

 

 

 

 

朝食を頂き、続いて台湾のお寺。

ガイドブックでも大々的に取り上げられていることが多いので初めて台湾に行く方でもここを訪れる方は多いかもしれませんが、自分は2回目の訪台で初めて龍山寺に訪れました。

 

龍山寺(ロンシャンスー)

正式名称は「艋舺龍山寺(マンカーロンシャンスー)」、艋舺は現在の萬華地区の意味で台北発祥の地と言われています。

中国大陸の福建省から人々が艋舺に移住してきた当時、生活環境が悪く疫病が流行したため、神のご加護と平安を祈る為に1738年に建てられたのが龍山寺の始まりでした。

道教儒教の影響も受けていますが基本的には仏教寺院で、本尊には観音菩薩を祀っています。第二次世界大戦中には、米軍の空襲により本殿が全焼する大惨事だったにもかかわらず、この観音菩薩像だけはまったくの無傷だった為、当時観音様のお膝元は絶対安心だと信じられ、空襲の度に人々は龍山寺に集まったと言われています。

その他、地震や台風、火災などにもより何度も破損していますがその度に改修・修復されて来ました。 現在の伽藍(がらん)は1953年に再建されたもので、今も昔と変わらず龍山寺は台灣の人々の心の寄りどころとなっています。

台湾を代表するパワースポット!台北・龍山寺の見どころ♪

 

 

 

お寺からの占いへ。

 

占い横町 @行天宮駅

ここでは、本場の占い師さんによる本格的な占いができます。四柱推命、手相占い、顔相占いなど一般的な占いから、ちょっと変わった「米粒占い」「亀占い」までいろいろあるんです。訪れる人のほとんどが日本人観光客なので、日本語での占いもOK!

行天宮地下・占い横町 | 台湾エンタメ・レジャー-台北ナビ

 

地下道におおよそ15人くらいの占い師さんが並んでいました。どこのお店も日本の芸能人の写真を飾ってあり宣伝をしています。

自分はその中のお店で「四柱推命・手相占い」をして頂きました。

日本円で2000円ほどでした。

いいことばかりではなく、悪いことも言われます。

自分は「短期で根性なし」と人生で初めて言われました(笑)

2018年、2019年は運気が良いそうなので、良しとしましょう。(笑)

 

 

 

 

 

 

お腹も空いてきたところで遅めの昼食へ。

 

梁記嘉義鶏肉飯 @松江南京駅

f:id:pelebong:20180930135118j:image

台湾の定番ごはんとしてまず思い浮かぶのは魯肉飯(肉そぼろがけごはん)でしょうか?甘しょっぱいタレでトッロトローに煮込まれた豚肉が乗ったミニどんぶり飯は、台湾人のソウルフード!?食べれば、確かにウマい!けれど、ナビのイチオシはあっさり味の鶏肉飯。

梁記嘉義鶏肉飯 | 台湾グルメ・レストラン-台北ナビ

f:id:pelebong:20180930135059j:image

台湾のどんぶり飯といえば魯肉飯が有名ですが、それと双璧を成すであろうどんぶり飯が鶏肉飯です。

上にも書いてあるようにあっさりしていますが、味はしっかりしていてヘルシーな感じでした。

 

 

 

 

士林夜市(Shilin night market)

f:id:pelebong:20180930144811j:image

台湾最後の夜ということで台北を代表する夜市「士林夜市」に行きました。

 

ターゲットはただ一つ。

魯肉飯です。

台湾旅行2回目の魯肉飯です。

f:id:pelebong:20180930145025j:image

お世辞抜きで美味しいですよね。価格も日本円で100円程度でしょうか。コスパ半端ないです。

 

 

 

 

京鼎楼(JIN DIN ROU)@中山駅

f:id:pelebong:20180930151937j:image

地元の人たちには日本から来たお客さんを安心して連れて行ける店として重宝され、日本人旅行客や芸能人たちはこぞって食べに来るという中山エリアの小籠包の名店「京鼎樓」。

京鼎楼 | 台湾グルメ・レストラン-台北ナビ

 

鼎泰豊(ディンタイフォン)で修行を積んだ方が開いた小籠包のお店、京鼎楼。

鼎泰豊の小籠包よりも生姜が細長切りで肉厚な気がしました。甲乙つけがたいくらい美味しかったです。

店頭には巨人の坂本選手やドジャースの前田選手など野球日本代表の選手たちの写真も飾られていました。

 

メインの小籠包。
f:id:pelebong:20180930151927j:image

海老ともち米の小籠包。
f:id:pelebong:20180930151934j:image

乾麺。
f:id:pelebong:20180930151931j:image

 

 

 

 

そしてまだまだ終わりません。

台湾かき氷をまだ食べていないのです。

 

FAVtory快.食.尚 @中山駅

MRT中山駅近くにあるフードコートが「FAVtory快.食.尚」です。

f:id:pelebong:20180930153509j:image

台湾と言えば台湾かき氷も外せませんよね。

こちらのフードコート内に果汁100%のかき氷屋さんがあり、オーダー後に目の前で作ってくれます。なんと氷の部分も凍らした果実を削るので、本当に美味しかったです。

最後の最後でやっと食べることが出来ました。

 

 

 

 

 

最後の最後まで食べっぱなしな旅でした。笑

名残惜しく思いながらも空港へと向かいました…。

 

 

航空会社:バニラエア

8/15 01:50 台北桃園空港発

8/15 06:10 成田国際空港

 

いかがでしたでしょうか?

台湾といえば千と千尋の神隠しで有名な九份ですが、そこをあえて外した旅でした。

けれども鼎泰豊や龍山寺など有名どころも抑えているため、有名どころとあまり有名ではないところをバランスよく訪れた、2回目の訪台らしい旅行ではないでしょうか?

ぜひ参考にしてください!(^^)

 

by pelebong

 

【準初心者注目!】2回目の台湾旅行〜3日目〜 台北編

f:id:pelebong:20180929173010j:image

3日目(8/13)

 

3日目ということですが、2日目の夜から泊まったホテルを紹介します。

 

North Gate citizenM Taipei

f:id:pelebong:20180929154008j:image

シチズンM タイペイ ノース ゲート(台北市)– 2018年 最新料金

 

 

白を基調としたモダンな雰囲気で、スマート家電がついておりiPadの操作でブラインドカーテンを動かしたり、部屋のBGMを「ビジネス風」や「バカンス風」などに自由に変えられます。

最新の機能のある清潔なホテルでした。

 

こちらは部屋からの眺め。

f:id:pelebong:20180929154353j:image

 

 

 

3日目のスタートはまずは遅めの朝食から!

朝から牛肉麺です。笑

 

 

城中市場 老牌牛肉拉麵大王

f:id:pelebong:20180929155840j:image

老牌牛肉拉麺大王 (中正区) の口コミ136件 - トリップアドバイザー

肉はゴロゴロと大きく、麺はうどんに近い感じでした。朝から随分と食べ応えがありましたね〜笑

後から知ったのですが、ここのジャージャー麺も非常に有名で中毒者が続出とのことです。

 

 

ホテルからも割と近く歩いていきましたが、

市場の中なのでなかなかすごい道を通っていきます。いかにもアジアの海外旅行という感じでした。

f:id:pelebong:20180929160224j:image

f:id:pelebong:20180929155844j:image

 

 

朝飯をこしらえた後は、迪化街へ。

 

 

迪化街(ティーホアチエ)

f:id:pelebong:20180929164550j:image

迪化街では、19世紀中頃の清朝末期、貿易や船荷を扱う商店が街を形成し始めました。日本統治時代には茶葉が台湾の特産品となり、その積出港となっていたのが「大稻埕」。これは、迪化街の昔の名前。
20世紀初頭の日本統治時代は、台湾全土から乾物、漢方薬、お茶、布などを扱う商店が集結し、台湾の主要な商業エリアとなりました。通りには、美しいバロック建築の建物が並び、裕福な商人たちはこの街に集結したのです。
戦後になって「迪化街」という地名がつきました。
現在でも台湾一の漢方、乾物、布問屋街としてにぎわう「迪化街」。特に旧正月前には、歩くのもままならないほど、大変なにぎわいとなります。

迪化街 | 台湾観光-台北ナビ

 

 

 

 

 

茶日子(DAE by DAY)

色々散策しているとちゃ茶日子という雑貨屋兼お茶っぱ屋さんを見つけました。

試飲をさせてもらったのですが、水出しティーが非常に美味しかったです。

日本ではまだ展開されていないお茶とのことですが、これから展開される可能性が高いと感じました。それくらい美味しかったです!

お土産にも買って帰りました(^^)

f:id:pelebong:20180929165028j:image

茶日子 – Dae by Day

 

 

 

 

 

ASW Tea House

台湾といえば烏龍茶のイメージが強いですが、実は台湾は紅茶の産地でもあります。「迪化街で紅茶」なんて、ちょっと不思議なように聞こえますが、実は迪化街にふさわしい楽しみ方なのです。

台湾の台北にある最古の問屋街・迪化街で優雅な英国式ティータイムを!「ASW Tea house」 | GOTRIP! 明日、旅に行きたくなるメディア

f:id:pelebong:20180929165731j:image
f:id:pelebong:20180929165736j:image

ここで本を読んで時間を過ごしました。

旅行中に本を読むということをしたことは今まで移動時間だけでしたが、ここでの空間は時間を忘れさせてくれるくらいゆったりとしていて、本を読むのに最適な場所でした。たまには旅行中でもこういうゆったり過ごす時間もいいかもしれません。

f:id:pelebong:20180929165743j:image

内装の雰囲気もお洒落ですが、店員さんも落ち着いていて可愛らしい人でした。

ナイスなお店です!

 

 

 

 

迪化街(ティーホアチエ)も堪能したところで、そろそろディナータイムです。

台湾といえば度定番ですが、鼎泰豊です。

 

鼎泰豊(ディンタイフォン

f:id:pelebong:20180929171717j:image

鼎泰豊(ディンタイフォン)とは、中華民国(台湾)台北市大安区に本店を、新北市中和区に本社を置く、小籠包が看板料理の上海料理レストラン・チェーンである。

1993年、アメリカ合衆国の『ニューヨーク・タイムズ』紙で「世界の10大レストラン」に選ばれた。同紙の紹介によって一躍知名度が上がり、台湾国外から多くの観光客が、台北の店舗に来店する転機となった。

鼎泰豊 - Wikipedia

f:id:pelebong:20180929171833j:image
f:id:pelebong:20180929171817j:image
f:id:pelebong:20180929171827j:image

もう説明する必要がないくらいの美味しさです。ちなみに場所は台北101の中に入っている鼎泰豊です。

初めて台湾に来た時にもここにきたのですが、その時の小籠包の美味しさの衝撃は忘れられません。

店員さんも美人な女性が多く、皆日本語堪能のようでした。ナイスなお店です!

ちなみ「鼎泰豊」の写真の右側にいるのは自分です。どうでもいいですけどね。笑

 

 

お腹もいっぱいになって台北101の夜景を撮りました…。

f:id:pelebong:20180929172314j:image

 

最終日へと続く…。

 

by pelebong

【準初心者注目!】2回目の台湾旅行記〜2日目〜 台南編

f:id:pelebong:20180909172748j:image

2日目の台南編ということで、高雄から台南へまず移動です。

 

左營駅→台南駅へは新幹線で移動。

移動時間は約30分ほど。

 

 

台南市内観光

 

 

森茂碗粿(シンモワンカ)さんの肉燥飯

f:id:pelebong:20180909175044j:image

森茂碗粿

お世辞抜きに台湾で食べた料理で1番美味しいと言えるくらい美味かったです。

さすがは美食の街、台南。

 

 

 

赤崁楼(せきかんろう)

赤崁楼(せきかんろう)は別名を赤嵌楼、紅毛楼 とも称し、台湾台南市中西区に位置する、オランダ人によって築城された旧跡である。原名は「プロヴィンティア」(Provintia、普羅民遮城)と称し、1653年にオランダ人と漢人の衝突事件である郭懷一事件(1652年)の後に築城された。鄭成功が台湾を占拠すると、プロヴィンティアは東都承天府と改められ、台湾全島の最高行政機関となった。現在は文化部により国定古跡に指定されている。

赤カン楼 - Wikipedia

f:id:pelebong:20180916115015j:image

オランダ文化と台湾文化の混ざった場所という感じ。

 

 

 

神農街(神農老街)

台南といえばここ!神農街ですね。

台南市は台湾で最も歴史のある街とのことで、古い建物も多く残っています。

まさに台南を象徴するかのような場所が、神農街です。

 

古民家をリノベーションした建物でオシャレなカフェや雑貨屋さん、ギャラリーが並んでいます。

f:id:pelebong:20180909180734j:image
f:id:pelebong:20180909180729j:image

 

 

 

林百貨店(ハヤシ百貨店)

ハヤシ百貨店[1](はやしひゃっかてん)は山口県出身の経営者・林方一により1932年12月5日に日本統治時代の台湾台南州台南市末広町2丁目(現・台南市中西区忠義路2段63號)に創立した日本の百貨店。当時は林百貨店又は林デパートとも表記していた。

 

公募により、2013年7月に台南市のファッションビル「フォーカス・スクエア(中国語版)」を運営している高青開発株式会社[1]が同ビルを賃貸することが発表され、8月には修復した内部が期間限定で一般公開された。夜間にはライトアップも行われている。

ハヤシ百貨店 - Wikipedia

台南に足を運んだ際にはぜひ行ってみるといいと思います。お店の中は雑貨やお土産屋さんですが、日本統治時代の建物とあり、内装も木目調がメインで趣が感じられます。

 

 

f:id:pelebong:20180909175711j:image

こちらは林百貨店の最上階にあるカフェスペースで飲んだ謎の炭酸ジュース。

湿布みたいな味でしたね。笑

こちらはあまりオススメしませんが、興味のある人は台南に訪れた際は飲んでみてください。。

 

 

 

台南から台北

f:id:pelebong:20180916115927j:image

台南は1日もあればメインどころは回れます。

ということで新幹線で台北へ戻ります。

まさに弾丸ツアーですね。笑

 

 

 

台北に戻り、夕食へ。

馬辣頂級麻辣鴛鴦火鍋 西門店(MALA HOT POT)

f:id:pelebong:20180929153721j:image

f:id:pelebong:20180916120359j:image

疲れた体に火鍋でガツンとムチをいれます。

ここでは肉や野菜の他にもなんとハーゲンダッツまで食べ放題なんです。

本物かどうかは己の目で確かめてください。。

 

 

 

by pelebong

 

【準初心者注目!】2回目の台湾旅行記〜2日目〜 高雄編

f:id:pelebong:20180902161304j:image

2日目(8/12)

2日目は少々ハードスケジュールでした。

高雄→台南→台北と1日で移動しましたが、今回は高雄編です。

 

 

まずはホテル(Hotel La Inn)にて朝食です。

f:id:pelebong:20180902153827j:image

なかなかのクオリティです。中華系の炒め物がメインですが、生野菜のサラダやスープ、おかゆなどをビュッフェ形式で楽しめます。

 

 

 

高雄市内観光

目的地は高雄の名物観光地である「蓮池潭」「玄天上帝像」「龍虎塔」です。

中でも龍虎塔は「過去の罪が帳消しになる」と言われるパワースポットです。

 

MRT左營駅から歩くこと20分ほどで蓮池潭が見えてきます。歩くのは辛いよ、という方は駅前にタクシーがいるので、タクシーで行けばすぐです。

 

 

f:id:pelebong:20180902155924j:image

蓮池潭(れんちたん)

清朝時代の1686年に孔子廟を建立する際、池を廟宇の泮水として蓮を植えたため、「蓮池潭」と呼ばれるようになったとされる。また、満開の蓮の花が匂い香ることに因み「泮水荷香」と謳われ、清朝時代には鳳山八景の一つに数えられた。

蓮池潭 - Wikipedia

 

 

 

龍虎塔の前にゲームのラスボスのような像が現れてきました。笑

玄天上帝像と呼ばれているようです。

f:id:pelebong:20180902154137j:image

玄天上帝像

高雄市北部に広がる人気観光スポット、蓮池潭風景区の水上に位置する道教の神像。高さは22mあり、水上神像としては東南アジア最大級。右手に七星宝剣をもち、足元はヘビと亀を踏みつけた勇ましい姿が印象的だ。台湾で見る神像は大体で鮮やかな色が多い。

北極玄天上帝像

 

 

 

そしてお待ちかねの龍虎塔です。

これはガイドブックにも高雄のページにはメインで紹介されているので、見たこともある人も多いはずです。

f:id:pelebong:20180902154131j:image

龍虎塔

高雄市の北約10km、蓮池潭という湖にある塔。龍の口が入り口、虎の口が出口になっている。塔内には、親孝行の模範「二十四孝子」や、悪人が地獄で受ける「閻魔大王審罰刑図」などの絵が飾られている。

龍虎塔

 

 

龍虎塔では実際に2つの塔を登ることが出来ます。

下の写真は塔の上からの眺め。

塔の上に登る頃には汗だくだくだったので、風が気持ち良かったです!!

 

町側

f:id:pelebong:20180902160935j:image

 

池側
f:id:pelebong:20180902160931j:image

 

 

台南編に続く…。

 

by pelebong

【準初心者注目!】2回目の台湾旅行記〜1日目〜

f:id:pelebong:20180816180201p:image

お盆休みを利用して台湾へ旅行に行ってきました!台湾へは2回目の訪問となりますので、今回は南の方へも足を伸ばしてみました。

 

高雄→台南→台北というルートで旅行をしました。

 

ちなみに今回の旅のテーマは「食とマッサージ」です。笑

マッサージといっても普通のマッサージなので悪しからず。

 

1日目(8/11)

まずは台湾へ移動です。

成田から高雄への直行便は航空券代が高かったので台北にまずは入りました。

 

航空会社:バニラエア

8/11 10:50 成田国際空港

8/11 13:45 台北桃園空港着

 

早速、空港のフードコートで腹ごしらえです。

f:id:pelebong:20180826154325p:image

ツミレ団子の下から中華麺が潜んでいます。

にんにくの効いた優しいスープが美味しい。

f:id:pelebong:20180816183516j:image

 

お腹が膨らんだところで高雄まで移動します。

 

MRT(地下鉄)で台北駅まで移動

新幹線で左營(Zuoying )駅まで移動

※新幹線では「高雄駅」はなく左營駅が高雄周辺です。

MRTで美麗様駅まで移動

f:id:pelebong:20180823082510j:image

美麗島は「世界で最も美しい駅」ランキングの第2位にも選ばれたことのある駅のようです。柱と天井がステンドグラスとなっていました。

ホテルまで移動します。

 

今回のホテルはHotel La inn

f:id:pelebong:20180823081740j:image

ホテル ライン(高雄市)– 2018年 最新料金

クチコミの高さを基に予約をしましたが、

室内は綺麗で、しかも六合夜市というナイトマーケットの場所まで徒歩5分ほどの距離なので、非常に便利なホテルです。

 

 

チェックイン後は、早速足つぼマッサージに行きました。

 

功夫足体養生会館

Captcha

f:id:pelebong:20180826152219p:image

美麗島駅から徒歩4分です。

フットマッサージの70分コースで800TWD(約3000円)でした。

フットマッサージコースですが、初めに熱いお湯に足を浸しながら肩のマッサージもやって頂き、そのあとソファに移動してフットマッサージという流れでした。

中年の男性にマッサージをしていただきましたが、技術力は今まで行ったことのあるマッサージ屋さんの中でも指折りだと思いました。

室内も清潔なので、高雄市内に来た際には再訪確実です!

 

 

マッサージが終わり、次はお待ちかねの台湾飯の出番です。

高雄名物の六合夜市です。

f:id:pelebong:20180826153217j:image

f:id:pelebong:20180826153318j:image 

 

さすがに食の国。台湾。全部美味かったですよ!しかもチャーハンで50TWD(約180円)とかなり安いです。

f:id:pelebong:20180826153358j:image
f:id:pelebong:20180826153354j:image
f:id:pelebong:20180826153350j:image

 

 

初日から飛ばしすぎも良くないので、かき氷はお預けしました。笑

 

2日目に続く…。

 

by pelebong

【タイ料理好き必見!】グリーンカレーの作り方

f:id:pelebong:20180819214106j:image

今日は料理素人でも簡単に作れるタイ風グリーンカレーの作り方を公開します。

ベースとなる材料はカルディで購入出来るものを使います。

 

 

【材料 - 4人分 - 】

  • グリーンカレーペースト(1袋)
  • ココナッツミルク(400ml)
  • サラダ油(大さじ2)
  • 水(300ml)
  • コンソメ(4g)
  • レモン汁+醤油(大さじ2)
  • 砂糖(大さじ1)
  • 鶏肉(300g)
  • エリンギ(10cmくらいの1つ)
  • ナス(10cmくらいの2つ)
  • アスパラガス(5本、細ければもっと多くてもOK)
  • 玉ねぎ(1つ)
  • 黄色パプリカ(1つ)

 

 

f:id:pelebong:20180819214133j:image
f:id:pelebong:20180819220423j:image

ベースとなるグリーンカレーペースト(¥152)とココナッツミルク400ml入り(¥213)はカルディという食品販売店で購入出来ますので、まずはこの2つの材料を揃えましょう。

1つずつ買えば4人分の食材のベースとなります。

 

 

また、本来ナンプラーがあると良いのですが、家庭にナンプラーがあるという方は少数かと思いますので、醤油とレモン汁で代用します。

私はポッカレモンを使用しています。

f:id:pelebong:20180819221748j:image

醤油:レモン汁=2:1

の割合で代用ナンプラーの完成です。

 

 

【作り方】

  1. 鍋でサラダ油を熱し、カレーペーストを加え香りが出るまで弱火で炒めます。(1、2分)f:id:pelebong:20180819220242j:image
  2. ココナッツミルク、水、コンソメを加え煮立たせます。(約3分)f:id:pelebong:20180819221121j:image
  3. 鶏肉、エリンギ、アスパラガス、玉ねぎ、黄色パプリカを入れて煮込みます。(約10分)
  4. 10分後くらいにナスを入れ、さらに煮込みます。(約10分)f:id:pelebong:20180819222420j:image
  5. 材料に火が通ったら、ナンプラー、砂糖を入れ、味を整え、火をとめて少し時間を置きます。(約5分)f:id:pelebong:20180819222524j:image
  6. お皿に盛り付けて完成です。お好みでスイートバジルをのせたらよりタイっぽさが出るかと思います!笑f:id:pelebong:20180819214106j:image

 

 

いかがでしたでしょうか?

最近ではタイ料理も人気が出てきて、タイレストランも増えてきましたが、家でタイ風グリーンカレーを食べてみるのもお洒落だと思います!ホームパーティにもぴったりかと!

 

また、お家の人にも喜んでももらえるのではないでしょうか?

※実際私がたまに家で作ると、普段タイレストランには行かない両親にも喜んでもらえます。

 

興味が湧いた方は是非お試しあれ!!

 

by pelebong